Effortless Life
SPG Amex

HOTEL THE MITSUI KYOTO 建物紹介

とある週末、いつか行きたいね~と思っていたホテルへの宿泊が叶いました!2020年11月に出来たばかりの、HOTEL THE MITSUI KYOTO !あまり東京、日光以外には遠出しない我が家ですが、今回は別。SPG AMEX グループで泊まりたいホテルは結構関西エリアに集中しているんですよね。

このホテルは、三井不動産グループの運営です(沖縄やハワイのハレクラニ、リッツカールトン東京も手掛けている)。これは期待が高まる!

今回はMariotto Bonboy のポイント宿泊。スーパーオフピーク期間中を狙っての45,000ポイントでした。 年始にスーパーオフピークキャンペーンをやっていたのでそれを利用。 

スーパーオフピークキャンペーン概要

・2021/2/21までにオフピークレートでポイント無料宿泊予約をすると、所要ポイントが最大40%割引になる
・予約期間:2021/1/11~2/11まで 
・宿泊期間:2021/1/11~9/30まで

HOTEL MITSUI KYOTO は、ただいまカテゴリー7です。同カテゴリーのホテルは、メズム東京、ウェスティン東京、セントレジス大阪等・・・普通に予約すると一泊4,5万レベルのホテルばかりなので本当にSPG AMEX が無かったらホテルステイも出来なかったな~と。(ちなみにリッツカールトン東京はカテゴリー8。HOTEL MITSUI KYOTO は来年2022年にはカテゴリーアップしそうなので行きたい方は早めをお勧めします!) 

 美しすぎる建物たちからまず楽しめます

ホテルは、京都市二条城のちょうど目の前。観光もしやすいど真ん中エリア。京都御所も近く、観光の拠点となるエリアですね。このホテルの立地は、もともと三井総領家があった場所。旧三井邸の門などが残されています。門をくぐると小さいながらも季節を感じる庭園が。秋の紅葉シーズンなんて本当にきれいなのだろうなぁ・・・。 

お天気に恵まれた京都での観光日。春めいた日差しが降りそぞく日でした。

エントランスの看板も重厚感があります。こちらは夜の撮影時。

ロビーです。目の前には水辺、庭園がひろがりなんともリラックスできる空間。こちらでは喫茶サービス等は無し。天井や壁の木のしつらえが見ていて飽きません。

確か15時ちょっと手前。京都到着したときは薄曇りだったのですが、どんどん晴れてきました。ロビーラウンジは日差しがたっぷり降り注ぐのでカーテンが下げられていました。

外のお庭も、季節の彩りが楽しめそう。

ロビーラウンジから出てすぐは歩けるスペースが。ぎりぎりまで水辺があるので空間の広がり感じられます。
もみじや山桜もあったので、四季をお庭で愛でることが出来そうですね。

ガーデンビューのお部屋でも存分に楽しめそうなお庭でいやされそう。館内のアクティビティではウェルネスプログラムや、アートプログラム(私が行ったときはどちらも満席 ><) があるので気になるかたは事前申し込みをおすすめします!

ライブラリー併設

ホテルを入って左側にはこじんまりとしたライブラリー設備が。アート写真集に加えて京都の観光本(とはいえ・・いかにもな観光ガイドではない)や、職人芸が紹介された本が多数。時間があったら入りびたりたいけれど、なかなかに時間が取れないのが悔やまれます笑 

息子が乱入~。手にもっているのはミニカー「きー君」

お茶のお点前も

エクスペリエンスとして(事前予約したほうが良いです)、お抹茶のふるまいをして頂きました。武者小路千家の茶道家の先生より手ほどきを受けたアンバサダーが、茶居にて立礼式のお点前を披露して頂けるとのこと。息子はおとなしくベビーカーで座ってくれていたのでひとあんしん。

こんな御東を。

ホテルで点てていただいたお抹茶が頂けるのは至福の時・・・。畳式だと子連れはあれこれ大変なのですが、椅子形式なモダンなスタイルなのも快適で助かりました。実は私、着付けもお茶も習ったことあるのですが(イタリア留学前の20代)、どれも身につかず笑 こういう所作が出来る女性はあこがれてしまいます。

地下の温泉、サーマルスプリングへ

HOTEL MITSUI KYOTO は、じつはこんな京都のど真ん中にあるのになんと温泉が楽しめるんです。とはいえ、お部屋のお風呂は温泉ではないので要注意。 

お部屋で温泉があるのは、Onsenスイートルームのみ。(このお部屋も引かれたのですが、部屋のつくり上地下1階に位置しているんですよね・・うーむ) そのほかに、貸し切り温泉(家族風呂としても使えますよね)もあるのですが、結構なお値段で60分15,000円。  

が、普通のお部屋に宿泊していても二条温泉が楽しめる館内施設がサーマルスプリング! 

サーマルスプリングは水着を着用して入る温泉なので、水着は必要です。館内でも買えますが家から持ってくるのをお忘れなく。スイミングキャップは不要です。 

スパにつづく道。映画のワンシーンみたい!

コロナの影響もあるので、スパに行く前に電話連絡が必要です(部屋のテレビからでも予約状況チェックできます)。

4歳以上16歳未満の子供は10時~16時の間のみ利用可能です。私はてっきり「子供は期限時間ならOK」と勘違いして、1歳息子用の水着も持参してしまいました涙 残念!(とはいえ、入ってみたらわかりますが乳幼児はちょっと難しいかなという印象です) 

更衣室は男性、女性と別れていて、シャワーブースやリラクゼーションスペースも完備。お水もタオルもあるので、持っていくのは水着のみでOKです(私は髪をしばるゴムを忘れてしまいちょいとミスりました) 

お湯は38度くらいあるのでかなり暖かいです。ずっと入っているとのぼせてしまうくらいですが、スパ内にはソファもあるので休憩し、昼寝しながら・・・のんびりできます。地下に位置していてかなり暗めなのでダンジョン感もあり! 

カップルでも来られている方がたくさんいましたが、どなたも静か~に、癒しの空間を楽しんでいました。(私は気づいたら30分くらい寝てしまっていました) 

以上、建物編でした。次は実際に宿泊したお部屋編を書いていこうと思います。