Effortless Life
Around 40's Marriage

アラフォーの婚活から結婚、エトセトラ まとめ  

去年の秋ころにアラフォーの私の婚活、結婚までを書いたものを4つの記事にしています。最近、またこのテーマで書きたいことが出てきたので久しぶりにこの話題についてのブログです。

当時(35歳~38歳ころ)のことを思い出してみると、自分自身のことを 全然知りませんでした。世間一般の良い、悪いだけで判断して生活を していたような気がしています。例えば、仕事、働き方、持ち物 とかとか。何かに駆り立てられるように行動しなくちゃ、進まないとと考えてばかりで 自分の気持ちなんて完全にないがしろにしていましたね。 

でも、ずっと欲しかったのは・・
パートナーでもなく、満足いく仕事等でもなく
自分の「カラー」「自分らしさ」ということでした。

そこを見つめるのが怖くて、何もない薄っぺらな自分が丸裸になっちゃうのが
イヤで虚勢を張っていたような時期でもあったような気がしています。
 
「今の自分や現実」を否定ばかりしていると、
他人や周りばかりみてしまう・・
そんなことしていたなー・・汗汗 

自分自身のイイところ、そして特に自分の嫌なところも否定的な気持ちさえも「それも含めて OK 」と思いたい、そう思うようにしようとしていったら、だんだん 気持ちも安定してきたんです。

その時は、もういわゆる「婚活のために」の行動は全くしなくなりました。 結果的にそういう気持ちでいるようにしたことが、婚活にも良い影響があったんじゃないかなと振り返って思います。

情熱や熱量がある人が羨ましいなーと思っていたことも長かったです。私はそういう人たちに比べると・・そんなにないなw とか。でもまた比べているんですよね、人と。

情熱や好きなことってものすごーーーく立派なことで、それが欲しい欲しいってぐるぐるしているうちはあまりに頭で考えすぎてしまっているので、何も思い浮かばない し、何よりも頭が疲れて情報収集ばかりしてしまう。小さなことから、だんだん情熱に 変わっていくこともあり、初めから「すごいこと」「特別でオンリーワンなこと」なことを 求めすぎない。

なるべく言語化したほうが再現性も高まるし、人にも伝えられることが出来るので なんとか書いてみましたが・・・文字に出来ない時は何かしらタイミングというものが あると思うので、また書けることがあれば追記していこうと思います。  

最近、婚活の相談を受けることが多い(この私に・・涙)ので今思うことをまとめてみました。

過去投稿: (全4記事)