Effortless Life
OTHER

「飽き」の感覚は、新しいことへのチャンスと捉える

ワーママになって早4年。
妊娠期間も含めるともうそんなに経ったんだ・・・
という感じです。 

今の会社に転職したのは、2020年11月。
当時、息子はまだ1歳でした。

2021年5月に上司が変わり、
勤務形態がほぼリモートになり・・ 
新しい上司の元、求められる成果物とか
(最初は成果物の意味すら解りませんでした)
業務の進め方がさっぱり分からず、
「何がわからないのか、わからない」状況に
長く苦しんでいました(笑) 

グロービスの講座を聞いたり、 
サラリーマン一年生の為の本、みたいなのを
読み漁ったり。まともにパワポも作ったことなかった
ので、ひたすら上司のパワポを真似したり、
見よう見まねで。

2021年の秋の評価で、部下を持つことになり。

2022年の春の評価で、昇格試験→昇格、昇進となりました。 
(お給料もあがりました!) 

で、ただいま。 
また新しい立ち上げやら、社内異動(私ではなく)があり
2022年7月から体制が変わりそう。 

ちょっと今の仕事に・・軽めの「飽き」が出ている時
だったので、また新しい経験が積めそうでワクワクしています笑 

前職は、10年務めていました。 
今思うと、やっている業務(アパレル買い付け)は
毎年変化する、年4回ほどのイタリア出張があり、
「飽きる」という感覚は無かったのかなと。 

当時、副業やブログを始めたのも前職に
「飽き」を感じていたころです。

そう思うと、「飽き」に敏感であることは
決して悪くない。 

何か行動のきっかけになるなーと思っています。