Effortless Life
OTHER

地下2階に潜る愉しみ 村上春樹ライブラリー

ずーっとずーっと行ってみたかった 
早稲田大学構内にある村上春樹ライブラリー
行ってきました 

事前予約制、毎日開館しているわけではない
ので行かれてみたい方は、サイトをチェックするの
お勧めします  

私の予約時間は10:15~11:45で、 
いつものように現地に早く着きすぎて
しまったので、大学近くにある朝から
やっているカフェで・・本日の予定を
確認したり、ぼーーーっとしたり 

ひとりで、仕事の用事以外で
カフェに行くのって・・なかなかの
久しぶりだなーと感じたり 

カフェは大学生主体で運営されて
いるそう。「橙子猫 Orange cat 」という名前も
素敵 

まず驚いたのが、村上作品には欠かせない 
たくさんの音楽、レコードの音源が
流れているオーディオルームがあったこと 

ゆったりとしたソファ、椅子があり・・
心地よい音楽がかかっていました 

ライブラリーの真ん中には
階段上の本棚がどーんとありました 

いろいろなテーマごとに、
もちろん村上作品やそこからつながる本と
出会える本がたくさん 

並べてある本を眼で追っていくだけでも 
世界がどんどん開かれていく気分になります 

ギャラリーラウンジでは
村上作品がどっさり・・・
初版はガラスケースに入っていますが、
文庫はその場で読むことも出来ます 

読みかけだった「騎士団長殺し」があったり 
あれもこれも読んだなーという本がどっさりあって
また時間をかけて過去の作品を読みたい気分に
なりました 

みみずくは黄昏に飛び立つ という
インタビュー集を読んでいて、 
地下室2階 という比喩が 

自分自身でも理解、把握、認識
していない、根源的な感覚の部分 
その部分にある「何か」をつかみたい、
表現したい、物語を通して書いていきたい 
(自分の語彙力がなさ過ぎて嫌になります笑)
というのが、作品を通して私は読書を通じて
いつも感じる部分です  

至福の・・2時間弱でした 
次回行くときは、カフェにもお邪魔したいです