Effortless Life
OTHER

直感、を忘れない

自分の心地よさや、気持ちよさを無視して
日々のやりこなすことを達成することに
注力したり、 

ルーティンに囚われて、
日々の変化や体調に柔軟に対処しなかったり、 

積み重なったモヤモヤに支配されて
迷路から出られない気持ちになったり・・・ 

ワリと私はよくあります笑 

家庭を持ち、すぐになんでも話せる夫がいる
ことで「人からの視点」を取り入れやすくなった
ことは、本当に大きな変化。 

マルチタスク、おっけー!なんて前職では
思っていましたが、要は話は単純で。
ただ仕事に慣れていて、変化も少なかったので
「余裕があった」だけでした笑 

今は、リモートワークとはいえ・・・仕事しながら
のマルチタスクはどう考えても無理ー。 
(が、できない→わかる、できる!のプロセスが
結局楽しくて、いやな気持はないんですがね) 

で、私自身がどうもいまいちぱっとこない、しない、 
自分自身をないがしろにしちゃっている・・
という感覚になるときって、 

たいてい、「直感」を見ていない時がおおい。 
日々、直感はあるのだけど「無かったことにしている」
そして、「何も感じていない」という日々が続いていくと・・・

確実に、淀んでいくパターン。 

直感が生きている、アクティベートされている時
って、自分がいま「時間がある、お金がある、仕事がある」
というような外側の条件には、何も囚われていない。 

というのも、私がイタリアに住んでいたとき、
お金も、仕事も、家族もいなかったけれど・・ 
振り返ってみても、「自分で選んで、ここにいる」
という感覚が、ものすごくしっくりきていたから。 

人生の方向性が「ぴったり」合致している時、
というか。 

何もその先の具体的なヴィジョンなんて
無かったけれど、「ここにいることは、何かに間違いなく
つながるのだな」と感じていたことは、はっきり
思い出せます。 

なんとなく日々の忙しさはあるのに、停滞感もある。

余裕とリラックスはたっぷりと感じているのに、
どことなく本当の意味で落ち着かない、ざわっとする。

そういう時は、
マイペースの輪に思い切り入って、
直感、インスピレーションにひたってみる。