Effortless Life
Around 40's Marriage

「婚活」を非日常のキーワードにしないで、日常に溶け込ませる。

ファッションxメーク朝カフェというイベントを定期的に開催しています。過去五回開催し、来週は第六回目。そのイベントで婚活をテーマにした回も開催し、先日婚活がんばりたい!というアラサーの方からのご相談も頂いたので、私が思う婚活ファッションについて今日は書きたいと思います。

(このイベントは現在開催していません。)

婚活ファッションは、相手に「自分を知ってもらう」「良い印象を持ってもらい、もっと関わりたいと思ってもらう」ということを、短い時間で分かってもらうことなのかと。 

本来であれば、それなりに長い時間をかけないと、人の印象や内面はわからないですよね。けれども早く結婚したい、パートナーと出会いたいのであれば「自分を知ってもらう、良い印象をアピールする時間」をなるべくコンパクトに分かりやすくし、沢山の人に出会い、良いと思ってくれた候補の中から「自分が」選ぶのがなんだかんだいいつつ・・効率も良い。

婚活って長期化するとほんと疲れます。 

過去の話しを書きますね。

私は苦節4年の婚活をしていました。パートナー探しの消耗戦、仕事はますます忙しくなる、周りの友人はキラキラして見える、加齢で体力なくなる、一人暮らしの生活が荒れまくる・・というループをすべて経験しています。 

で、そんな中でもパートナー候補に会おうとするやる気を盛り上げるのはほんと大変でした。先につながるのかも分からない人のために、メーク、ヘアセットに時間とお金をかけ、ファッションを迷いながらも新しいものを用意したり、あれこれ悩み過ぎてデート前日にかけこみで買いに行ったり・・。

悩み過ぎるから、結局時間がなくなる。それでオカシナ(笑)ワンピースとか買ってしまう、で自分にしっくりこないからデートも楽しめない、デートが終わってほっとした気持ちになる、その後相手からはフェードアウトされ、まぁいいや(でも相手に対して怒りの気持ちが湧く笑)を繰り返していました。 

今思うと、ファッションやメークを「婚活用」としないで、普段の服装から「婚活を意識した」服装にしていれば良かったな・・と。

ファッションやメークって日々の積み重ねなので、「突然」綺麗にメーク出来るようにならないし、ヘアアイロンも使えないし、コテで巻髪を作れないし、印象がよい優しい雰囲気のファッションって着慣れることが必要なのかなと思っています。

いつもそういう意識で過ごしていれば、突然の出会いにも慌てない(私はありませんでしたが笑)、突然の飲み会の誘いにもすぐに「行ける!」と答えられる(私は自分がその日に着ていた服装で断りました涙)、日々「いい感じの自分」でいられるので少しずつ少しずつ「良い気分」が溜まっていき、自分の土台となっていきます。←これ、大事! 

「婚活」を特別なイベントとしない、日々男女含めた「セレンディピティな出会い」を楽しむためのファッションxメークをしたい、という気持ちでいる。

婚活というワードで頭がぐるぐる~となってしまっていた当時の私に伝えたいことです。

ただいま過去のメルマガから一部修正、加筆してブログに掲載しています。