Effortless Life
OTHER

いつまでも「問題解決思考」でいないこと

ふと、日々をカリカリと過ごしていると・・私がいつも欲しい感情や状況ってなんだっけ?って忘れてします。つい効率とか、コスパとか、いかにショートカットできるかとか、不要不急をできるだけ減らそうとしたり、寄り道や余白をきらったり。 

ぼんやりする時間を、何かしないといけない時間に書き換えてしまったり。 

そういう時・・・目の前、そしてちょっと先の将来を不安に思ってばかりいることに気づく。そしてその「対処」と「対策」ばかりに明け暮れて、まるで「問題解決が人生だ!」とばかりな勢いで。 

そりゃ、お金の管理や健康管理、仕事で叶えたいこと、趣味や人間関係・・適度なメンテナンスとコントロールは必要だと思っているし、私自身わりと敏感にケアをしている方だと思っている。 

けれど、あまりにも「先が不安だから今これをやっておかないとダメ」「やらなくなったら、自分がダメになる」「できない私は、きっと将来不安しかない」って・・・あまりにも思考が狭くなってしまうのは・・なんだか悲しいことなのだなと思うのです。 

なぜかというと、ベースには「不安」があるから。
「不足」しているのが当たり前という視点があるから。

そういう思考(思い込み)があると、いつまで経っても「自分は不足している、足りていない、未満である、もっともっと頑張らないとダメ」っていう状況から抜け出せない。 

私は、問題解決をするために、不安を解消するために生きているわけではない。 

私は、豊かな時間と空間、暖かい人間関係を育むために生きている…… !!!

そうそう、ほんとに、これ。 

ちょっと夏休みで時間がある今。
改めて思い返したいこと。

また、朝散歩しようね