Effortless Life
OTHER

生産性、義務感からの解放時間を取ろう

(メルマガからの抜粋です)

三月終わり頃からの自粛ムード、STAY HOME 中ですが、個人レベルでそれぞれ沢山の気づきがある特別な時期を過ごしているのだなと思っています。こんなに出かけない、外出しないと・・・家が整い、メンテナンスや不足に気づいたり(我が家は冷凍庫を購入。自炊率さらにアップしました。)、身体を労わり&鍛え、たくさん眠れるのだなと。

なんだかすごく「人間らしい」時間を過ごしていて、毎日太陽と共に目覚め(私は更に早いですが)、三食ご飯を作って(手間かけず)、家族と色々おしゃべりする時間があり、散歩+家での運動、リモートワークで回る日常。そんな日々を過ごしていると、あんなに大好きだった甘いものをほぼゼロレベルで欲しいと思わなくなり、ストレスフリーだからか?体重も減りました(!) 

フルタイムで仕事していた時は、いくらダイエットしても全然びくともしなかった体重がするするっと。ストレスレベルが段違いに違うのと、気持ち的に余裕があることが一番大きいなと思っています。

そんなことを感じていた時に出会った、「ニクセン niksen」という言葉。
ご存知でしょうか? 

オランダ語で、「何もしない」を意味する動詞で、○○する、○○のために・・というゴールから逆算してやる行動を一切しない、という意味です。 

ただぼーっとソファでばらばらと読書 (今日の読書メーターdone とかしない)
ぶらぶらと散歩 (耳読!情報収集!とかやらない) 
おしゃべり (情報収集!とか、お役に立たないととか考えない)

というように・・・
NO 生産性 
NO 義務感   

の時間の過ごし方。

まさに最近の午前中は、こういう時間を過ごしているから気づきが多いんだなと思いました。

今集中して取り組みたいことが二つあるんですが、それに過集中してしまうとやっぱり視野狭窄になってしまうし、新しいアイデアも全然わいてこない。わいてこない、動けないとさらに気持ちばかりが焦る・・なんてループに。

目的、目標、ゴール設定をすることの大切さは痛いくらいに理解しています。だからこそその「緊張感、やらなくちゃ」という気持ちで、燃え尽き症候群になってしまったり、その一歩手前に・・なんてことないでしょうか? 

「目的なしに何かをすること」って、今の現代社会では、ものすごーく特権的なことなのかも。だっていつも○○のために、○○って考えていたり、自分のタイムスケジュールできつきつに動くこと=すごい自分(出来ないと落ち込む・・)って考えてしまったり。 

だからこそ、あえて「目的を考えずに、何もしない」時間をもつこと、過ごすことの大切さって身に染みて理解できます。

ニクセンタイムの午前中、ただ歩いて、植物を眺めて、息子は寝たりおしゃべりしているだけのひたすら平和な時間なのですが、気持ちと頭って不思議なくらい活性化しています。なんだか創造性が高まるというか、ふとしたことを思い出したり、ブログのネタを思いついたり、あの人に連絡してみようと思ったり(そういう直感はたいてい良い方向に向かう)。 

あえての非生産性が、結果的に余裕を産み出して、全体的には生産性が高まるというループをつくりたい♪ 

マインドフルネスや禅の思想にも似ていますが、気持ちや時間をクリアリングしていくこと、これからどんどんと重要度が増していく予感がしています。