Effortless Life
OTHER

思い込みは自分を消耗させる

何かをやろうと思って、うまくいかなくて。
「ほら、やっぱりだめだった」って思うこと。
それで、自分を責め続ける・・。

そういうこと、バカバカしくて
本当に消耗してしまうことに気づいた。

長女気質?
完璧主義?

そういうふうに、原因を追究しようとすること、
最近やめてみました。

反省することって、あまり生産性がないし
もっと前向きx建設的な方向に進みたいって思ったので。

こうしてみよう、やってみたいという気持ちに
素直になって、小さいけれど一歩をし続ける。

だめだった、って振り返る隙間がないくらい
トライをし続ける。

私の場合は、
・家庭的じゃない女性はダメ
・仕事では女性らしさを出してはいけない
・女性らしくいたいってことに照れている
・仕事を続けるには男性的生活にならないとダメ

とかとか、他にもたくさんあるけれど
「思い込み」満載でした笑

書いていて、笑えますが・・
ちょっと前まではがんじがらめでした。

そして、壁にぶつかると
「ほら、やっぱり」って納得していた。
納得すると、さらに「思い込み」が強化されるから怖い。

最近は思い込みをバンバンと手放せている日々。

きっと、それは以前よりも人に頼ったり
お願いしたり、聞いてよ~っていう話しを
どんどん自分からしていったこと。

そして人と会うことって楽しい!と心底思えるように
なれたこと。きっかけは沢山ありすぎてまだまとめきれないの
ですが・・

出会う人を全て「好き」になること。
これが大きい。

もー、この人ってどうなの?!って人でも
「観察対象」フォルダーにいれておく。

そして自分の「思い込み」を書いてみて、
ほんとにそうなのか?ってロジカルに考えてみる。

思い込みって習慣だから、思考にしみついてて厄介なんだけど
そういう時こそグサグサと串刺しにして考えてみる。例えば・・

・家庭的じゃない女性はダメ
→ダメって、何に対してダメ?日常が健康的に生産的に快適に回っていれば
良い。仕事と家庭は両立するし、どちらかを選ぶものでもない。

・仕事では女性らしさを出してはいけない
→女性らしさって何だろう?傾聴しやすい、共感できる、細かいところに気が付く。
そして男女という括りで仕事を考えるのも・・自分の思い込みなのかな。

・女性らしくいたいってことに照れている
→はい、そうなんです笑 女っぽいものが好きなんだけど・・39歳にもなって
女子とか、オトナとか言うのみっともないなんて風潮に倒れそうなのですが(!)
けど、照れずにいきます。だって、女性である自分が好きなので(笑)

・仕事を続けるには男性的生活にならないとダメ
→これは完全に大いなる思い込みー!もう働き方や時間の使い方って、自分次第。
主体性をもって環境を選ぶこと、上に交渉することが大切。

書いていてわかったけれど、思い込みって結局・・深く考えることの放棄。
あれ?っていう違和感は無視しないで、その都度考える。人に会う。

ちょっとずつ思考が自由になってきます。