Effortless Life
OTHER

フリクション 0.3mm で書く日々

夕飯の後、
片づけがひと段落したらお茶(日本茶 / 紅茶)を
淹れて、五年日記を書いたり、
手帳タイムを取ってます。 

日記は日々の出来事を
本当に記録用に書いているだけ

手帳には、
日々心が動いたこと、
モヤモヤも嬉しかったことも
含めて2-3行ほど 

内容を翌日に見直してみると 
書いていなかったらすっかり
忘れそうなことばかり
書いてある 

例:完璧、より、そこそこ
穏やかな幸せ とか 

例:ワーママは今の職場でマイノリティ 

とか 

手書きにしているので、気持ちがこぼれおち
そうになるのだけど、あえて丁寧に
細い0.3mm のフリクションペンでちまちま
書く作業は・・

「感じたこと記憶」として
しっかり言語化されて、紙に
落とされている 

そういう状況に、
なぜだか心がとても満たされる